いたばしコミュニティビジネス創業スクール2019

slider-image slider-image slider-image slider-image slider-image slider-image
想いを持つビジネスが次々と産声をあげる板橋区を舞台に、
あなたの想いが実現に向けて動き出すビジネススクール。
個人の想いを、地域や社会に必要とされる「価値」に転換し、
具体的な一歩を踏み出すための短期集中型プログラムです。
主催:板橋区 運営:NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター

プログラム

1
4名の起業家から、創業の場としての板橋区の魅力を聞き、
コミュニティビジネスを立ち上げるヒントを学びます。

2
コミュニティビジネスの支援実績が豊富な講師陣による短期集中講座。
事業のアイデアの価値を磨き、実現に向けた事業計画を立てます。

3
作成した事業計画を、公開プレゼンテーションで地域や社会に向けて発信。
ユーザーの声を聞くことで、事業の実現性をより高めていきます。


ステップ1(10月)
オープン・スクール
起業家から創業への想いや
プロセスを聞く
ステップ2(11月)
エントリー・スクール
アイデアを発展させ、
事業計画を立てる
受講生は10名限定。
エントリーいただいた中から選考します。
ステップ3(12月)
公開プレゼン
事業計画を発表し、
事業の実現性を高める

対象

板橋区在住・在勤の方
新たにコミュニティビジネス分野での事業展開を考える区内事業者の方
(板橋区内で創業を予定している方もご参加いただけます。)

創業スクールの運営

NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター

NPO法人コミュニティビジネスサポートセンターは、多様化・複雑化する地域課題を解決するため、地域コミュニティを基盤とした新しいビジネスの育成を目指し活動しています。

ステップ1
オープン・スクール

「地域課題解決編」と「地域活性化編」の2つのテーマで、実践している4名の起業家から、創業への想いや、
創業までのプロセスを聞きます。(参加費無料)
ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

※託児をご希望の方は、お問い合わせください。
板橋区 健康生きがい部 長寿社会推進課 シニア活動支援係
E-mail:ki-senior@city.itabashi.tokyo.jp
TEL:03-3579-2376

地域課題解決型ビジネス
日時:10月5日(土)13:30-15:30
会場:人材育成センター
(板橋区板橋2-66-1 板橋区役所2階)
地図
事例1
合同会社マムスマイル 代表社員 坂東 愛子
合同会社マムスマイル
代表社員 坂東愛子

SEとしてキャリアを積むも、結婚出産を機に退職。育児をする中でママが社会と繋がれる第3の場の必要性を強く実感するようになり、2016年にマムスマイルを発足。ママに出逢いや学びの場を提供するお茶会やレッスンを開催し、ママが作る地域情報誌イタバシーナも発行。2018年に保育園フォレスタ志村三丁目を開園し、2019年には就労支援の社団法人を立ち上げるなど、ママの社会復帰支援を軸とした事業を展開している。板橋区ママコミュニティ マムスマイル運営、 保育園フォレスタ志村三丁目 園長。

事例2
株式会社クリエイト・ケア 代表取締役 渡邉宗貴
株式会社クリエイト・ケア
代表取締役 渡邉宗貴

介護業界にて十数年間の経験を経て2015年4月、墨田区に東京都初の介護事業所を併設したコミュニティカフェを設立する。 取り扱う商品は墨田区の名店の品を集め、アンテナショップ的役割も担っているほか、雰囲気のある店内を活かしイベントやワークショップを開催。地域の集いの場としても活動されている。

地域活性化型ビジネス
日時:10月12日(土)13:30-15:30
会場:人材育成センター
(板橋区板橋2-66-1 板橋区役所2階)
地図
事例3
合同会社kand design 代表社員 篭谷奈央
合同会社kand design
代表社員 篭谷奈央

東京都北区生まれ。学校卒業後、植物を扱う会社に就職し約10年間公共や商業施設の造園設計、ディスプレーのデザインなどを行う(造園施工管理技士)。出産を機に退社し、約10年のブランクを経て地方紙(タウン紙)の記者となる。その中で街の課題を感じ、地域振興イベントなどの運営にも携わる。2017年からtime spotの管理人、兼コミュニティービルダー。

事例4
株式会社向こう三軒両隣代表取締役 永瀬賢三
株式会社向こう三軒両隣
代表取締役 永瀬賢三

エリアの再開発と共存共栄しながら、地域固有の価値を失わず残すことをテーマに活動や事業を一貫して行っている。2019年1月、近隣企業と合同で家守型民間まちづくり会社の㈱向こう三軒両隣を設立。現在は、「おとなりスタンド&ワークス」「creation space en∞juku」を運営。直近では行政、商店街と連携した事業である「古民家利活用」「着地型観光ツーリズム」のプロジェクトを進行中。

オープン・スクール お申し込み

※託児をご希望の方は、お問い合わせください。
板橋区 健康生きがい部 長寿社会推進課 シニア活動支援係
E-mail:ki-senior@city.itabashi.tokyo.jp
TEL:03-3579-2376

ステップ2
エントリー・スクール

11月9日(土)、16日(土)、23日(土・祝) 10:00~17:00※お昼休憩あり

コミュニティビジネスの支援実績が豊富な講師陣による、10名限定の短期集中講座。
事業のアイデアの価値を磨き、実現に向けた事業計画を立てます。(参加費無料)

会場(11/9・16):人材育成センター(板橋区板橋2-66-1 板橋区役所2階)地図
会場(11/23):グリーンホール504会議室(板橋区栄町36-1)地図
エントリー期間 9月20日(金)~10月18日(金)

受講の動機や、これまでの経歴、実現したい事業のアイデアを元に選考させていただきます。
選考結果は、10/25にお知らせいたします。

11月9日(土)10時~17時 講師:高木悠
コミュニティビジネスを創業する思考法
コミュニティビジネスの基礎知識を学び、
自分のアイデアの“価値”を考え、ビジネスのコンセプトを決めます。
11月16日(土)10時~17時 講師:竹林晋
アイデアをビジネスの形にする
具体的な商品やサービスの内容と価格を考え、販売方法等を検討します。
11月23日(土・祝)10時~17時 講師:竹林晋
継続する事業の仕組みを考える
収支計画を立てながら、継続する事業の仕組みを考えます。
講師紹介
有限会社テイクスペース代表取締役 竹林晋
食品メーカーの営業職を経て、コンビニ経営、移動販売車、レンタルボックスショップの経営と様々な事業にチャレンジ。現在も自らコミュニティビジネスを実践しながら、痛みの分かる中小企業診断士としてこれまで5百社以上の企業支援や創業に携わる。NPO法人ぐらすかわさき理事、広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会幹事、中小企業基盤整備機構 講師・アドバイザー。
株式会社OMEGA HIGH 取締役 髙木悠
大学卒業後、大手外食フランチャイズ本部に入社。直営店舗にて店長経験を積んだ後、統括店長、エリアマネージャーを務め、数百店舗の店舗運営改善に関与する。平成24年、経営コンサルタントとして独立。現在は、店舗型ビジネス、フランチャイズ支援のプロフェッショナルとして、創業、多店舗展開、販売促進、人材育成、業態開発などの支援を行なっている。
エントリー・スクール
募集要項
募集対象 ・板橋区で新しいビジネスを創業したい方
・自ら取り組みたい事業のアイデアを持ち、創業意欲の高い方
・学ぶだけでなく、主体的に挑戦する意欲のある方
参加条件 ・エントリー・スクールの全日程に参加できること。
→全日程の参加が難しい方はエントリーフォームの備考欄にその旨をご記入ください。
・12/7に開催する「公開プレゼンテーション」に参加できること。
募集人数 10名限定
参加費用 無料
申込方法 エントリー・スクールお申し込みよりお申し込みください。
※9/20~10/18の期間のみ入力可能
申込〆切 2019年10月18日(金)
お申し込み後、個別に電話などでのヒアリングをさせていただく場合がございます。
選考結果通知 2019年10月25日(金)予定
エントリー・スクール お申し込み
(※エントリー受付期間9月20日~10月18日)
※説明会やオープン・スクールに参加していない方でも、 エントリー・スクールへのお申込みは可能です。
ステップ3
公開プレゼンテーション
日時:12月7日(土)13:00~16:00
場所: グリーンカレッジホール4F(板橋区志村3-32-6)→地図
エントリー・スクールを経て検討したビジネスを講師やゲストコメンテーター
一般参加者に向けてプレゼンテーションします。

事業実施までのサポート

エントリー・スクールの受講生は、NPO法人コミュニティビジネスサポートセンターの支援を受けながら事業の開始に向けて準備をしていきます。

お問い合わせ
板橋区 健康生きがい部 長寿社会推進課 シニア活動支援係
E-mail:
ki-senior@city.itabashi.tokyo.jp
TEL:03-3579-2376
このスクールは「板橋区コミュニティビジネス推進事業」の一環として行われます。いただいた個人情報は厳重に管理し、本事業に関わる範囲でのみ利用させていただきます。